奥大和、湯の谷の地に、千慶という宿あり

湯の谷-。

この響きにいざなわれ、わたしは、旅の人となった。
しばし過剰なものから離れ、ひとしれず暮らすように過ごしてみたい。
神秘の山々に抱かれ、湯に浸かり、自然の恵みをいただき、そして眠る。

離れの部屋にしつらえられた湯に浸かり、暮れゆく空を見上げれば、やがてこぼれんばかりの星が降ってくる。
ほのかな灯りのなかで緑が風に揺れ、ひとを想うひとのこころを感じる。
なににもとらわれないひとときの重なりが、五感をよみがえらせてゆく。
わたしがわたしに還る場所、湯乃谷 千慶。

明日は、玉置の山の神様に、ごあいさつに伺おう。

  • 離れの客室
  • 湯泉地温泉
  • お料理
  • アクセス

空室検索

0746-62-0888

ご宿泊日

日 

ご宿泊数

 泊

ページ先頭へ